メニューを開く
ホーム » お知らせ » 2014年4月1日より 新しいJAS検査基準が施行されます。

2014年4月1日より 新しいJAS検査基準が施行されます。

2014.4.1

2014年4月1日より 新しいJAS検査基準が施行されます。
※赤字が変更箇所

区  分

基  準

特等 1等 2等

側から側までの長さ(小目の部分を含め、耳毛の部分を除く)をいう.。
1種 95.0+0.5cm  変更なし
2種 91.0+0.5cm  変更なし
3種 89.0+1.0cm  変更なし
長さ 端から端までの長さをいう。
【半畳~1.5畳までの受検が可能】
1種 103cmの整数倍+5cmまで
2種 98cmの整数倍+5cmまで
3種 96cmの整数倍+5cmまで ※整数倍は3倍まで
たて糸(耳糸を除く。以下同じ。)の種類 【合成繊維は使用しない】麻糸・綿糸であること
【糸の種類ごとに表示方法を規定】

麻糸・単芯・・・「麻」 麻糸・2本芯・・・「麻w」
純綿糸・単芯・・・「綿」 純綿糸・2本心・・・「綿w」
混紡綿糸・単芯・・・「混紡」 混紡綿糸・2本芯・・・「混紡w」
純綿糸+混紡綿糸・・・「綿混紡w」
麻糸+純綿糸・2本芯・・・「麻綿w」 麻糸+混紡綿糸・2本芯・・・「麻混紡w」
たて糸の本数 単芯 1種  134本 2種  128本 3種  126本
2本芯 1種  2688本 2種  256本 3種  252本
織り方 通織りとしたもの
耳毛の長さ つき出し 特等 8.0cm以上 1等 5.0cm以上 2等 4.0cm以上
うら毛 特等 11.0cm以上 1等 8.0cm以上 2等 7.0cm以上
1㎡当たりの重量 麻糸 単芯 0.94kg以上 0.87kg以上 0.80kg以上
2本芯 0.98kg以上 0.91kg以上 0.84kg以上
綿糸 単芯 0.90kg以上 0.82kg以上 0.74kg以上
2本芯 0.91kg以上 0.83kg以上 0.75kg以上
麻糸と綿糸の2本芯 0.95kg以上 0.88kg以上 0.81kg以上
水分 13%以下
色あい 色沢 いぐさ固有の色沢を有すること
色調 特に優良であること 優良であること 良好であること
色段 混入が全く無いこと 混入がほとんどないこと
変色い 混入が全く無いこと 混入がほとんどないこと
粒ぞろい 特によいこと よいこと
地合い 特に密であること 密であること
糸切れ、片ざし、その他の織り傷 全くないこと
仕上げの状態 優良であり、かつ、汚れがないこと 良好であり、かつ、汚れがないこと おおむね良好であり、かつ、汚れがほとんどないこと
その他の欠点 全くないこと ほとんどないこと
端止め 適切にしてあること

 

事項 測定方法
1㎡当たりの重量 【3等及び等外を廃止】
【1枚あたりを1㎡あたりの重量に変更】
【2本芯の規格を新たに追加】畳表の短辺(左右の耳毛(うら毛)の端から端までをいう。)と長さを測定し面積を算出するとともに、計量器により畳表1枚の重量を測定する。算出した面積と測定した重量を基に、次式により算出した重量を基準面積当たりの重量とする。
測定した重量(kg)
1㎡当たりの重量(kg)= ――――――――――
算出した面積(㎡)

麻糸 単芯 2本芯
特等
1等
2等
0.94kg/㎡以上
0.87kg/㎡以上
0.80kg/㎡以上
0.98kg/㎡以上
0.91kg/㎡以上
0.84kg/㎡以上
綿糸 単芯 2本芯
特等
1等
2等
0.90kg/㎡以上
0.82kg/㎡以上
0.74kg/㎡以上
0.91kg/㎡以上
0.83kg/㎡以上
0.75kg/㎡以上
麻糸+綿糸
特等
1等
2等
0.95kg/㎡以上
0.88kg/㎡以上
0.81kg/㎡以上
水分 電気抵抗式迅速水分計による測定値を水分とする

 

表示内容

(1)種類
(2)等級
(3)たて糸の種類
(4)原料いぐさの産地名 国産:「都道府県名」、輸入:「原産国名」
(5)格付年月日
(6)製織地名 国産:「都道府県名」、輸入:「原産国名」
(7)製造業者又は販売業者の氏名または名称その他製造業者又は販売業者を表す文字
ページの先頭に戻る